公立中高一貫落ちたところから始まるブログ。

ムスメ1が公立中高一貫落ちました。高校受験はがんばってほしいです。下に二人も控えてます。受験話+海のある町に住む家族の日常を綴りたいと思います。

夏当初。塾面談② 公立中高一貫校について。

ユズは、県内の公立中高一貫校を目指しています。

そこに関して今回聞いたことです。

 

1.公立中高一貫校対応講座について。

「当該公立中高一貫の対応コースはないのか」とお聞きしたところ、

 

・6年夏のタイミングで、ユリウスで当該の公立中高一貫校講座開講。

・ユリウスだけど集団授業(←「塾なのに家庭教師」と逆か?)

・公立中高一貫校模試も開催していく。

・対策授業の開催曜日は土曜日。土曜日は小6はテストもあるので、1日拘束になる。

とのことでした。

公立中高一貫校は第一志望なので、対策講座の課金は必要な課金なのかなと思いました。

 

 

2.日特との兼ね合いについて。

 日特との兼ね合いもお聞きしました。

「土曜日は1日つぶれるとのこと。その状況で、日曜の講座(日特)も受講することを日能研ではお勧めしていますか?」

それに対する解答が下記の通りです。

 

日能研では下記の2つの理由で、日特の受講も合わせてすることもお願いしている。

 

・併願校も合わせた「受験スケジュール全体」での成功を目指したい ・・・ 2月3日に、こころもからだも元気に本命校の受験に臨むためには、そこまでに納得いく学校の合格を一つでも頂いておくことが重要。公立中高一貫を受けるから公立対策だけしておけばよいという話ではない。併願校の合格を勝ち取るため日特を受けるべき。

・ハードな受験に耐えうるだけの負荷をかけていく ・・・ 受験は本当に心身に負荷がかかること。2月3日には、受験生の身も心もボロボロ。しかし、土日もないハードスケジュールをこなしてきた受験生は、公立中高一貫校を受けたその足で校舎に寄って、「あのしんどい日々に比べたら、本番の試験なんて超余裕だった!」と語ってくれたりもするくらい身も心も強くなっている。受験本番に耐えうるよう徐々に心身に負荷をかけていくため、日特も受けるべき。

 

これを聞いて、2つの理由どちらにも納得はしましたが、「併願校の合格を勝ち取る」「受験に耐えうる心身をつくるために負荷をかける」、どちらも、直接の目標(公立中高一貫校の合格)にたいする本来的な努力ではないのだなと思いました。

しかも、面談のあとの方で、「ユズの今のモチベーションレベルでは、負荷をかけすぎるとバーンアウトする」と指摘されたので、「本番に向けて負荷を掛けて行きましょう!」という話はそれと矛盾するような。

 

とは言え、受験のプロからアドバイスされたことなので、それなりに合格方程式が土曜講座プラス日特受講ではあるのでしょう。これからのユズの様子をよく見て、何が一番良いかをよく考えていきたいと思います。

 

 

3.公立中高一貫校に受かるためにすべきこと。

 

まずは、いままでに校舎で公立中高一貫に受かった子たちについて話してくれました。

今までに受かってきた子たちは、学校成績は必ずしもオール3ではない(3段階評価)。

2と3が半々か、3が少し多いくらい。

当日の適性検査がとても大切。当日に向けてしっかり頑張っていこう。とのこと。

ふむ。ユズも、オール3という訳ではないので、心強い話でした。

しかし、姉の時で、当日の適性検査の手ごわさを良く分かっているので、そこはとても不安です。ユズにあれが解けるか・・・。

 

つぎに、気になっていたクラスのことをお聞きしました。

「ユズの校舎からは、年度によってはRクラスからしか、当該の公立中高一貫校への合格者が出ていない。

個人的には、ユズはW2で頑張った方がいい気がする(校舎はR,W2、W1の3クラス)。同じ公立中高一貫を受検したユズの姉がいるので、当該の学校の問題は良く知っている。Wの授業内容とテキストをしっかり身に付けた方が良い受検問題だと思う。にもかかわらず、この校舎からは、最上位クラスからしか合格者が出ていない年もある。だとすれば、やはりRクラスを目指すべきなのでしょうか?」

 

それに対する日能研の答えは、

・おっしゃる通り、公立中高一貫校であればWクラスの授業内容、テキストの完全習得を目指すべき。

・Rクラスは神奈川や東京の御三家を目指す子もいるので、これからかなりの難問が出てくる。そこまでの負荷を掛けると、現状のモチベーション(の低さ)だと、ユズさんはバーンアウトしてしまうのでは(←ここで、「え、さっきは日特も取って負荷かけたほうがいいって言ってたよね、と思った」。

・単年度で見るとRからしか合格者が出ていない年もあるが、毎年の傾向でみるとW上位クラスからの合格者も出ている。ユズさんは、まずはW2の良い席次を目指すべき。その位置で、十分公立中高一貫校の合格を狙えますよ。「今のクラスで良い席次目指してみよう」と担任が言っていたと、ユズさんにお伝えください!

 

とのことでした。

まあおそらくは「ユズにRクラス無理すぎ。現実見ろpgr」を、沢山オブラートに包んで言ってくれたんでしょうが、ともあれ一安心しました。

なので、「あー良かった。ユズには偏差値58(←Rクラスの基準偏差値)は無理です!」と言ってしまいました(←これはさすがに、「お母さん無理とか言わないで。子どもの可能性を信じて」とたしなめられました)。

まあそうですよね。志望校のR4が58なんだから。無理なんて言ってないで、また日々コツコツ頑張っていこうと思いました。

 

余談ですが、家に帰って「担任が、Rに行くこたない、今のクラスで席次上げて行こうぜ、と言ってたよ」とユズに言ったら、「え、でも席次上がって、常に一列目とかになったら、自動的にRに上がっちゃうじゃん、どうしよう・・・」と言ってましたが、

 

一 列 目 に 上 が っ て か ら 悩 め

 

 

面談記録、長くて申し訳ないですが、

面談③「併願校と私立に行くことについて」

面談④「中堅私立中高一貫校vs.県立トップ高校」

に続きます。

夏当初。塾面談① ユズの現状。

今更ついでにもう一つ。夏の始めに日能研で面談期間があり、そこで諸々、担任の先生からお話を伺ってきてたのでした。

夏期講習以上に時間が経ってしまっていますが、メモをもとに記憶を掘り起こし、備忘録がてら書きたいと思います。

第一弾は、ユズの現状についてです。

 

 「授業はマジメに良く取り組んでいますよ」とのこと。

ユズの性格的に、大きく逸脱もできないのでしょうが、とまれ良いことです。

また、引っ込み思案で塾では小さくなっているであろうユズのことも、きちんと見てくださっいてありがたく思いました。

 

面白かったのは、ユズの能力のでっこみ引っ込み。

面談に臨む前に、今までの育成テストのデータの蓄積をもとに4科それぞれ、どの単元が得意、どの単元が苦手かが可視化できるよう、各単元のポイントを4科それぞれの平均ポイントと比して棒グラフ化したものを作ってくれていました。

 

それを見て、面白かったのは、

 

4科の中で、もっとも得意なのは国語(レベルの低い話ではありますが)。

得意単元は、「語句、文法」「随筆」など。

苦手単元は、「物語文」「論説文」「漢字」「記述」など。

ここで、国語が得意な女の子で、「物語文」ができない子もいるんだ、と個人的には少しウケてしまいました。ごめんよユズ。

 

算数の得意単元は「分数」「平面図形」など。

苦手単元は、「小数」「逆算」「規則性」など。

「分数」が得意なのは公文で先行していたから、「小数」「逆算」はその逆、と理屈はわかるのですが、「平面図形」が多少なりとも得意なのは以外でした。マイクラ好きだから?

 

理社に関しては、そもそものユズのレベルが非常に低く、個々の単元を語れるレベルにないので割愛。

 

ともあれ、個々のテストに一喜一憂していたときには見えなかったものが、データを積み上げた時に見えてくるのは新鮮で面白かったです。さすがはデータの日能研ですな。

しかし、とは言え、「ここの単元が弱点だとわかったから、弱点補強にこの勉強をしよう!」と言って素直に従うほどユズのモチベーションは高くないので、上記の得意不得意を心の隅に留めて置いたうえで、今後も地道に日々の勉強に向き合っていくしかないとは思います。

8月23日。夏期講習テスト③。

8月23日。夏期講習テスト③結果。

 

もうずいぶん前の話なので、結果を簡単に書きます。

数字は全て共通。

 

4科:6 3科:5 2科:5

算数:6 国語:5 理科:5 社会:7

 

最後まで浮上できませんでした。

どうも、この「講習テスト」なるものとのお付き合いの仕方が最後まで分からなかったです。

 

ただ、このテストのテスト勉強のとき「作業用ノート」という金鉱を見つけてしまい、範囲の作業用ノートの理科50%、社会100%くらい終わらせていった結果、理科は最低を脱し社会は上がった。こういう、やったらすぐ結果に反映するようなものがあれば普段のテストのモチベも上がると思うのですが。それって栄冠かあ。

栄冠完璧にしたらテストいい点取れた!の繰り返しからモチベを上げていけるよう、5年後期も口うるさいおババとなります!

 

つぎも頑張ってきましょー!

横浜雙葉中学校が気になった話。

そんな中ですが、この夏休み、わりと家族で県内プールや海に出かけてます。

 

自分のすることも子どもの勉強も回ってないのにそこは行くんだ、と自分でも思いますが、でも、わたしら「親が」、たまの休み、子どもたちと遊びたかったんすよね。

あと、ユズは、「小学生の夏休みの楽しみを全て犠牲にした」ということが禍根を残しそうで。この子は、いまは「勉強をしながらも夏休みを楽しんだ」というていを作ってあげた方が、のちに勉強に目が向く気がしています。

根拠はないです。逆に「勉強漬けにしてくれた方が早めに受験モードに入れたのに」と、あとで子どもに恨まれるかも。

でも、アニメ「鋼の錬金術師」の中で、「間違ってるかもしれない。でも、生きてるから前に進むしかない。自分の一番納得する方法で」って言ってたので、私は、子どものおしりをたたきながら、でも子どもと遊びながら、前に進んでいくんでありましょう。

 

そんな日々の中、私、ひょんなきっかけで、ある学校を「ここいいな」と思いました。

その学校は、「横浜雙葉中学校」。

 

きっかけは、最近わたしは、長距離電車移動が多くなっております。親の介護で。

長距離電車移動の車内で読書する時間がふんだんにできて、それはそれで優雅な時間なのですが、手に取った本が三浦しをんさんの「白いへび眠る島」。

 

https://www.amazon.co.jp/白いへび眠る島-三浦-しをん/dp/4043736037

 

三浦しをんさんは、横浜雙葉出身なのです。

で、「白い蛇眠る島」のページを開いたら、たとえば第一章のタイトルが、下記のように書いてあるのです。

 

第一章 島に帰る

幼なじみは出迎える-猪との格闘の話-赤いのぼり-屋根から見た集落-不吉な噂

 

ああ、懐かしい。

古き良き昔の岩波の児童文学って、みんなこんな感じでしたよ!

「エーミールと探偵たち」とか。

 

それで私は、同年代の三浦しをんさんが、自分と同じように岩波の児童文学に夢中になった幼年時代をもったことを直感的に感じ、もしかしたら横浜雙葉だったら、こういう幼心をもったまま大人になることを許容する6年間を送れるのかしら、と思っちゃったのです。

 

そこで、三浦しをんさんと横浜雙葉について興味を持ってさらに調べました。

すると、「三浦しをんさんは、幼年期に文学者の父親から、天沢退二郎の『光車よ、まわれ!』という小説を与えられて以来、本好きになった」とのこと。

「光車よ、まわれ!」、私も子どものころ大好きだったし!!!

しかも、三浦しをんさんは大学同窓で、在学期間もかぶってるので、キャンパスのどこかですれ違っていたかもしれない。

幼年時に同じ本が好きで、大学も同じなのに、私は三浦しをんさんと何が違うんだろう(←大違い。そもそも三浦しをんさんの親は文学者なので、そこからして大違い・・・)

いやまて、私は時すでに遅しだが、ムスメが横浜雙葉に入ったら、ムスメが直木賞作家になれるんじゃ?(←すみません。もはや妄言ですねこのくだり。読み飛ばしてください・・・)。

 

などという、親ばかバカ親のアホすぎる思い込みなんですけど。

カトリック系で校則厳しそー。と今までむしろ敬遠してた「横浜雙葉」ですが、俄然気になっちゃったのです。

とは言えオーキャンとか、もう終わっちゃってる感じですが、これから行けそうな行事には、ぜひ参加してみたいと思います!

 

ところで、横浜雙葉中学校。すごく前に文化祭に伺ったことがあるのですが、気になったのは、クラス単位での出し物がなかったことでした。それ自体は別に学校の方針なのでどうでもいいのですが、ただ、そういう学校って、入ってからクラスの団結力があまりなかったりとか、イベントや普段の学校生活で、部活入ってないと楽しめなかったりするんですかね?

間が悪い事に、また例によって介護電車長距離移動の合間に、角田光代さんの「わたしはあなたの記憶のなかに」を読んでると、「学校の文化祭をぶっちして男と遊ぶ横浜のお嬢さん学校の生徒」が出てきて、えーとこれは横フタですか?と思っちゃった。

 

しかしここまで書いてきて一番思ったのは、小説読んで学校探しするなよ自分、ってことですね。ちゃんと横浜雙葉、足を運んでみたいと思います。

8月6日。夏期講習特別テスト第2回。結果。

また、更新間隔が大きく空いてしまいました。

理由は、仕事、介護、自分の勉強。

そして、私、オリンピックと甲子園を楽しみすぎていて(我が神奈川代表、横浜高校残念!)。

 

親の忙しさで子どもたちの勉強に支障が出てるとも思いますが、誰もが自分の置かれた状況の中での最善を目指すのが人生。がんばっていきまっしょい

 

で、夏期講習テスト2の結果です。

 

2科:6 3科:5 4科:5

算数:5 国語:6 理科:4 社会:5

 

結果はあまりよろしくない。

分析としては、この「夏期講習テスト」なるものと、ユズの相性があまり良くないような気がする。

せっかく以前にならったところを復習できるスパイラルになっているのに、その範囲の広さに、娘が勉強する範囲をわかりかねているようなところがあります。

 

とはいえさすがに、「2回連続4列目になっちゃったから、次は2列目行く!」とユズはやる気を見せているので(1列目に行ってくれよ)、夏期講習さいごのテスト、頑張ってもらいましょう!

夏期講習お弁当事情。

日能研夏期講習も、お盆の折り返しまであと少しですね。

昨日は、オリンピックの野球を見てました。

大変な熱戦で、すべて終わった後の無観客のハマスタの紫紺の空を見ていたら、こみ上げてくるものがありました。兵どもが夢の跡。だだんだだんだん、やまーだてつと!

 

とまれ、夏期講習のお弁当事情です。

昼食時間も短いので、さくっと食べれるおにぎり2個とチーカマにしてます。

問題はおにぎりの具で、「夏期講習の楽しみはお弁当だけと言っても過言ではない」とかうそぶくユズに(勉強にも楽しみを見出して欲しいが)、おいしい昼食を、と思って作ったラインナップが下記になります。

 

【おにぎり】

てんむす

生ハムとクリームチーズ

カオマンガイを韓国のりで巻く。

 

【悪魔のおにぎり】 

しらすと青のりと天かすとチーズ。

天かすをかっぱえびせんイカ天に替えてみる。

明太子とチーズと青のりと天かす。

鮭と韓国のりとチーズ。

 

【おにぎらず】

スパムと玉子。

鮭と玉子と塩昆布。

レタスとマヨとから揚げ。

 

だいたい上記の感じです。

夏期講習後半も美味しいものを食べてがんばってほしいな。

皆さんはどうしていらっしゃいますか?

長女せとか。夏休みの宿題事情。

毎日暑いですねえ。

最近、次女ユズの誕生日があり、うまれた当日のことを思いだしておりました。

第二子だけあって、すぽーんと出てきたんだよな。その時の母子手帳にも、「はやかったですね・・・とても、上手でしたよ」みたいなことを助産師さんが書いてくれてて、今思えば、あの助産師さんて、煉獄さんのお母さんだったんじゃないか(←そんなわけない)。

 

それはそうと、中2の長女せとか。夏休みの宿題として、だいたい小学校と同じくらいのボリュームの宿題が出ております。

そこで、「夏休みの宿題を7月中に終わらせたら、(お菓子の)ぷっちょを買ってもらう」と、父親と約束したせとか。

ぷっちょかよ、つくづく安い女だぜ、と思うのですが、せとかはそれでいちおう発奮し、がんばっておりました。

 

そこでドリルやらイカの解剖やらの宿題をサクサクと終わらせ、昨日7月31日午前時点で、残るは読書感想文。

選んだ本は、恩田陸の「夜のピクニック」(←私が恩田陸好きなので勧めた)。

その時点で、せとかは、「まだ9ページしか読んでないわ」と言ってた。

午後になってもまだ読んでた。

わたしは、「こりゃ無理だわ」と思って寝た(←昼寝)。

 

私が昼寝から目覚めたら、せとかはスマホをいじってました。

「感想文は?」と聞いたら、「あー終わったわ」とのこと。

「わたしも一応公立中高一貫、受験しましたからねえ。45分で意見文と要約文を両方書くのにくらべたら、こんなのわけないですよ」だって。

 

つまり、2,3時間で本を読んで、1時間で感想文自体を書いたってこと?

ねえねえ、感想文ってそんなシステマチックなものだっけ?

うーん、なんていうか、ビジネス感想文!

 

夜のピクニック」という、さわやかな青春小説を読んでいるのだから、少年少女の淡い恋心や、イベントの中で確かめ合う友情、言葉にできない相手への複雑な思いなどに、何かしらの感銘を受けて欲しい。「夜のピクニック」は、そのへんがうまくパッケージングされてると思うんですよね、恩田陸にしては。

 

そんなわけでなんとなくおもしろくないわたしは、昨日から、

私「『夜のピクニック』といえば、歩行祭の世界大会に日本代表で出たエピソード、胸熱だったよねー」(←そんなシーンはない)

せとか「そうそう、私が一番良かったシーンは、主人公の貴子が灼熱の溶鉱炉に親指を突き立てるシーンかなー」(←そんなシーンはない)

私「貴子が『さあ、叶えてよ、インキュベーター!』って言うシーンも最高だったねー」(←そんなシーンはない。むしろ他のアニメのシーン)

などと、イヤミともボケともつかない応酬をするという地味な活動に勤しんでおります。

 

それはともかく、夏休みの宿題終了とぷっちょゲット、せとかおつでした。